**

コンセプト

2019 神戸/富山公演のオープニング衣装は、原作であるアニメーション作品の深遠なる世界観と、原曲と比べてよりロック・EDMテイストが強くなった「残酷な天使のテーゼ」の楽曲アレンジを、どうフィギュアスケートの衣装デザインに落とし込んでいくか――という部分からスタートした。

初期の段階で、近未来・SF的な要素を含んだコンセプトという方向性は定まったが、スタイルに関しては様々な試行錯誤が行われた。
特に、原作の主人公たちが作中で着ている“パイロットスーツ”に近いデザインは最後まで検討されたが、「フィッティングの機会が限られている状況で、スケーター全員にフィットしたシルエットを作り出すのが難しいこと」「原作のコスプレになってしまわないように」などといった点から、全く別のデザインとすることが決まった。

最終的なデザインは、原作と原曲の持つ世界観を包括的に表現するため、テーマを“選ばれし少年少女たち”と設定。
「大胆な切り替え」「動きを出すフレア」「神話的モチーフ」「グリーンのネオンカラーの差し色」など、具体的な要素へ落とし込んでいった。

トップスの左半身は、“大いなる何か”に彼らが侵食されつつある様子を、神話的モチーフの「特殊シースルー生地」で表現。また、同生地で腕・胴部分にフレアを足すことで、フィギュアスケートらしい動きが生まれることも目指した。

右半身は、左半身とは対象的に無機質でシャープな雰囲気、モーダルなテイストを表現。海外から直接輸入したブラックの生地2種を用いてパネル状に配置し、肩の部分には“アイコン”としてグリーンのネオンカラーを配色している。

衣装デザイナー
原 孟俊

商品画像

・A4×2 見開きサイズ

・公演衣装使用生地サンプル封入(特製ゴールドフレーム枠付き)

・公演衣装デザインドローイング高解像度レプリカ(特製ゴールドフレーム枠付き)

・特製木製額縁

・背面ベロア加工

・商品価格 ¥14,800(税込/送料込)

・2021年11月中旬より順次発送予定

**

メモリアルプレート 2019
Kobe Toyama Finale

誰もが知る伝説的アニメーション作品のテーマソング「残酷な天使のテーゼ」を、日本を代表するロックシンガーが歌い上げる—— 衝撃的な幕開けとなった2019年の神戸・富山公演。 象徴的なイントロが会場に響き渡り、“選ばれし子供たち”が氷上を舞う——その光景を鮮烈に覚えている方も多いのではないでしょうか。 スケーターが纏う衣装の左半身を印象的に飾る、神話的モチーフの特殊シースルー生地。デザインコンセプト段階でのドローイングを元にした、高解像度レプリカ。 「メモリアルプレート2019 Kobe Toyama Opening」は、これらの素材をFaOIオフィシャルフォトと共に収めた、A4×2 見開きサイズのプレミアムメモリアルプレートになっています。

商品価格 ¥14,800(税込/送料込)

メモリアルプレート2019 Kobe Toyama Opening